無線LANとスイッチングハブを併用した快適なインターネット環境作り

最近 インターネットを使う機械がどんどん増えてきました。

近年では無線LAN機器を使ってインターネットに繋げるのが、無難で簡単な手段となっています。
ただ、パソコンやゲーム機など、通信速度が必要な物の場合は、有線LANによる接続の方がが圧倒的に安心できます。

ですが有線LANを利用する際に困るのが、インターネット機器に接続できるLANポートの数です。
機器が多ければ多いほど、LANポートの数は足りなくなってしまいます。

そこで有効なのが、スイッチングハブの導入です。
ハブを利用すれば使えるLANポート数も増やす事ができますし、接続した機器全てでインターネットが利用できます。
専門知識が無くても取り扱える物も増えてきたため、とても便利です。

また、無線LAN接続とハブを用いた有線LAN接続の併用も、大変有効です。
スマホやタブレット、携帯ゲーム機など持ち運びできる機器は無線LANを使用します。
そしてパソコンやテレビ、ブルーレイレコーダーや大型ゲーム機などの機器は有線LANを使うという形です。
工夫次第で快適なインターネット環境ができあがります。

機器の購入費用などは掛かりますが、ハブなどはそこまで高価な物ではありません。
便利な環境を作るために導入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です